2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
うたわれるもの 最終話「うたわれるもの」
2006.09.27 (Wed)
うたわれるもの 最終話の感想やキャプをば

utaware20060926.jpg

一晩経っても未だ興奮冷めやらず。
この思いを誰かと語りあいたいのに、うたわれ見てる友人が少なく、見てる友人も実家帰省中。
寂しい(T T)

その分ブログにキャプや感想をだらだらと垂れ流してみます。
多分にネタバレ等が含まれていますので、
それでもかまわないという方だけ下からどうぞ~



【More・・・】



utaware20060926a.jpg

しょっぱなから大神ウィツアルネミテアの激しい戦闘。
ここだけ見たら怪獣特撮みたいです。


utaware20060926b.jpg

過去の回想
アイスマンとミコトとの間に子供生まれてます。
子供の首にかけられた輪っか。これがずっと引き継がれていってエルルゥの髪飾りに・・・

しかし幸せな日々もすぐに終わりが。

utaware20060926c.jpg

再び捕らえられ、モルモットの扱いを受けるアイスマン
ミコトは無残にも・・・
アイスマンの怒りが神の力を引き出し、命をもてあそぶ研究員達を死ぬことないスライムへと変えていきます。

原作でわかっていましたが、いざ動画でみるとなかなかに残酷です。
因果応報ってことですが。
ミコトがかわいそすぎるよ・・・


utaware20060926d.jpg

自らの行いに耐えられないアイスマン。
自分を止めて欲しい、それができなければ自分を滅してくれと願います。
それに応えたムツミは衛星軌道上の兵器を放ちますますが、滅ぼすことはできず。
心は二つにわかれたまま、ムツミに封じられることに。

このとき研究所にいた実験動物の亜人間達が逃げ出して現在まで繁栄していったということですね。
獣耳にもちゃんと理由があったんですよ!ただの萌えパーツではないんです!!


utaware20060926e.jpg

再び現代へ

utaware20060926f.jpg

神々の戦いにも決着が。


utaware20060926g.jpg

「おとうさん、いっちゃだめ」
「この姿ではもうおまえを撫でてやることは出来ないな」
「うそつき、ずっといっしょっていった。おとうさんずっといっしょじゃないといや!」

ハクオロさんを引き止めるアルルゥ、自分も目が潤んできました。
アルルゥみたいな娘が欲しい! その前に嫁さんですがね;


utaware20060926h.jpg

自分を封印しろというハクオロの言葉に躊躇うウルト。
神を封ずる罪を共に背負い、ハクオロと共に眠るというムツミはカミュの身体を返します。
再開できた姉妹で封印の儀を行うことに。


utaware20060926i.jpg

封印に抵抗するもうひとつの心
皆でそれを押さえ込みます。

原作ではここで最終戦でした。
全体攻撃のえげつなさに泣いた覚えがあります。
PS2版本気で欲しくなってきたなぁ。


utaware20060926j.jpg

ハクオロさんから皆ひとりずつへの言葉。

原作とほぼ同じです。
それでも泣けてきて、本気で涙がこぼれるのを耐えてました。


utaware20060926k.jpg

ここでもおとうさんと離れたくないというアルルゥ。
アルルゥにはエルルゥや友達、たくさんの兄姉がいるというハクオロの言葉に
「でも、おとうさんいない (ノ_・、)グスン」

。・゚・(ノД`)・゚・。ヴワアァァ
我慢も限界でした。


utaware20060926l.jpg

そしてアニメオリジナルのキスシーン!!!
挿入歌もイイ!!! Suaraさんの「キミガタメ」、アルバム収録らしいですがこれは買いかな。

最初はハクオロさんを送り出そうとしますが、やはり我慢できず・・・

アニメでこんなに感動したキスシーンそんなにないです。
アニメスタッフさん達グッジョブ!


そしてその後
utaware20060926m.jpg

utaware20060926n.jpg

utaware20060926o.jpg

utaware20060926p.jpg

utaware20060926q.jpg

utaware20060926r.jpg

ユズハは出番なく、赤ちゃんも残さぬままです・・・
ちょっと扱い酷い;

ゲームでは最後、ハクオロさんが戻ってきたんじゃないかとすこ~しにおわせつつ終わるんですが、
アニメではそれがちょっと薄かったですね。


2クール半年間でしたが、本当に楽しませていただきました。
原作のイメージを損ねることなくうまくアニメ化できた、近年稀に見る良作だったと思います。
終わるのが残念ではありますが、この最終話を見られてもう満足です。

感動をありがとーーーう!!!

utaware20060926ed.jpg

スポンサーサイト
【記事編集】 |  00:36 |  アニメ  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
コメント
自分は千葉テレビが砂嵐まじりなんですがなんとか見れました。
泣きましたね~。
でも、やっぱりユズハの出番が少なかったですよね。子供も作らなかったし
そこが少し残念です。
結 |  2006.09.28(木) 00:12 |  URL【コメント編集
自分の家も電波状態わるくて、キャプは借り物なんですよ。
地デジ欲しい!
アニメ版じゃ子供残すのはきつかったですね;
ハクオロさんのハーレム表現はさすがに無理かw
ゆりえつー |  2006.09.28(木) 03:09 |  URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。